インフルエンザの予防接種は効果がある?そもそも予防接種するべき?

今年もインフルエンザの季節になりましたね。

毎年、この時期になるとインフルエンザの予防接種に関する話題が盛んになります。

予防接種はすべきかどうか、専門家でも意見が分かれている話題です。

僕は数年前から予防接種をするのやめました。

予防接種した翌日に体調を崩すんですよ。

身体がだるくてぐったりする程度なんですけど。

予防接種をやめたあとですが、幸いにもインフルエンザにかからずに済んでいます。

今年も無事に過ごせたら良いのですが。

このニュースに関してネット上では様々なコメントが寄せられています。

インフルエンザ

インフルエンザ予防接種はすべきか…“悲劇”のリスクを考えてほしい

インフルエンザの予防接種をどうしようか…さまざなな情報が溢れており、悩む人も多いようです。兵庫県伊丹市の「たにみつ内科」で日々診察にあたっている谷光利昭院長は、小学生の痛ましい例を挙げながら、ワクチン接種を勧めました。

ワクチンって本当に効くの?-患者さんからよく質問されます。それは疾患によります。インフルエンザのワクチンなどは、みなさんが一番興味のあるところでしょうか。

インフルエンザに関しては、正直なところ当たりハズレがあります。ワクチンはその年に流行すると思われるインフルエンザウィルスのタイプを予測して作製されます。予測が外れると効果が減少します。具体的には、世界保健機構(WHO)で推奨株が年2回選ばれます。日本では、それを参考にして国立感染症研究所の検討会議があり、厚生労働省が最終決定して、ワクチンが作製され市場に出ます。

インフルエンザワクチンの効果は総じて70~80%程度、就学前の小児では20~30%程度といわれており、接種した人でもウィルスに感染、発病する可能性があります。ただ、同ワクチンは、ウィルスの感染や発症そのものを完全に防御はできなくても、重症化や合併症の発生を予防する効果は証明されています。実際には、高齢者に対してワクチンを接種すると、しなかった場合に比べてインフルエンザによる死亡率を5分の1に、入院を3分の1から2分の1まで減少させることが期待できると報告されています。

接種後の予防効果は、2週間から5カ月程度と言われています。小児の免疫能力は大人と比べて弱いために生後6カ月から12歳以下では2回接種が推奨されています。2回目までの接種間隔は、1回目から2~4週間後での接種が推奨されていますが、最も推奨されている間隔は4週後の接種。学級閉鎖率を調べたところ、4週間隔の群の閉鎖率が最も少なかったとの報告があるからです。海外では接種間隔を4週以上と指定している国もあります。また、13歳以上でも、著しく免疫能力の低下した患者さんには2回接種が推奨されています。健常人であれば、通常の1回接種で十分に免疫がつくとされています。

インフルエンザワクチン接種の是非についてはさまざまな意見があり、確かに議論の余地はありますが、私は毎年接種しています。接種しなくても罹患したことがない人もいれば、接種しても何度も罹患する人がいます。個々の免疫能力にもよりますので、一元的に言うことはできませんが、合併症である肺炎、インフルエンザ脳症になる確率を少しでも低下させる意味で、ワクチンの接種は意味があると考えているからです。

特に幼少の子供たちには受けてほしいのです。数年前、ある屈強な初老の男性が診察に来られた際、自分の病気のことではなく、インフルエンザで亡くなられた小学校2年のお孫さんの話をされました。「なぁ先生、なんでワシの孫なんじゃ。自分のことやったらなんでも辛抱できるけど、孫のことはつらいなぁ…救急車の中で『のどが渇いた』と言うたのが最後の言葉やったんや…」。お話を聞いているうちに、涙が止まらなくなりました。本当に痛ましいことです。

ですから、少しでもこうしたリスクを減らせるのであれば、ワクチンは接種するべきだと思うのです。また、予防接種対象疾患であるジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ、麻疹、風疹、日本脳炎、結核、小児の肺炎球菌感染症、インフルエンザ菌b型(インフルエンザウィルスとは違います)、ヒトパピローマウィルス感染症、水痘、B型肝炎に対するワクチンは接種するべきだと考えています。上記疾患は、ワクチンを接種することにより、高い確率で感染を防ぐことができます。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000058-dal-hlth

広告

インフルエンザの予防接種は効果がある?そもそも予防接種するべき?

ネットの反応

2016/11/11 15:05
ワクチンそのものの安全性は、本当の所、どうなのか、未だにわからない。
体質的に合わない人はワクチン接種が逆に危険にもなり得ますし、タミフルや、リレンザの副作用で、子供が大変な目に合った事もあり、何が正解かは親子であったとしても違いますから、判断が難しいです。
名無しさん
2016/11/11 18:49
タミフルやリレンザは予防接種ではありません。かかってしまった人がやむなく使う治療薬です。インフルエンザでさらに重症になるリスクと治療薬のリスクを比較して治療薬の方が副作用がでてもまだましだからと使っているのです。
予防接種は予防のためなので、その副作用は当然治療薬よりもはるかに少ないです。
でも出たらっていうのは確率の問題が抜けています。交通事故で死ぬ可能性があるのにヤシの実に当たって死ぬ可能性の方が心配なので、、、と言っているようなもんです。
いまだにわからなくて自分の家族が打たないのは家族が死ぬだけなので自業自得で結構ですが、それをほかの人に広めるのはやめてください。無知な人がその話を聞いて死んでいきます。日ごろかかわっていて切実に思います。
名無しさん
2016/11/11 19:17
インフルエンザ予防接種 危険
で検索してみな。
打つ打たないは本人の意志次第。
名無しさん
2016/11/11 20:47
いつから重症予防になったんだ?
いろいろ表現が変わりすぎ。
名無しさん
2016/11/11 21:24
インフルエンザの予防接種は重症予防でしょう。
名無しさん
2016/11/11 15:38
予防接種すればインフルエンザに罹らないと勘違いしている人が多いですよね。
名無しさん
2016/11/11 16:56
ポリオや麻疹風疹の接種は必ず受けないといけないものだし無料だけど、インフルエンザは有料。子供が3人いてしかも2回もうけないとなったら家計の負担が相当です。子供は無料にしてほしい。
名無しさん
2016/11/11 20:15
なんでも無料にすれば良いというものではないでしょ。
子供は子供医制度があって普段の医療費が安いんだから、インフルエンザくらい払おうよ…
一年に一回なんだし…
子供が無料になったら、すごい混雑になって医療現場がパンクしちゃいます。

広告


名無しさん
2016/11/11 17:56
打たなかった場合のリスクを言うのなら、打った場合のリスクにも触れなきゃ。
無いわけではないのでしょう?てか、それが書いてあるのかと思った。
名無しさん
2016/11/11 19:13
ほんとですよ!
特に文章中でも薦められている「子宮頸がん予防のワクチン」の例も打った場合、打たなかった場合のリスクを書いて欲しい。
名無しさん
2016/11/11 14:33
昔は学校で一斉にという事が多かったので、当日の体調不良以外は
受けて当然みたいな感じだった。今は、各家庭で判断するような感じ。
自分の事ならいざ知らず、子供の事になれば本当に悩む。受けて
強い副反応が出たら…と思うと躊躇し、受けていないものもある。
名無しさん
2016/11/11 18:07
子供ができてから、インフルエンザの予防接種を受けるようになった。
ただ、インフルエンザは予防接種を受けてなくても罹ったことがないので、効果があったのかは分からないが。。。
子供でもとくに幼児は、インフルエンザ以外にも様々な予防接種を受けないといけないので、スケジュール管理が大変そうだ。(正直、その辺は嫁がやってくれてるので、実感はあまりないが。)
受けないより受けた方がリスクは減るかもだけど、受けたことで子供が危険な状態に陥るかもしれない、、、とか考えると、予防接種の度に親としてはドキドキしてしまう。
名無しさん
2016/11/12 00:53
やりくり大変です。
しかも数週間あけないといけないとか
何ヶ月までに打ってっていうものもあるので
働きながらだと本当に大変だと思います。
そこにインフルエンザまでってなると‥(´・ω・`)
名無しさん
2016/11/11 16:56
うちの子打っても毎年インフルエンザにかかるのよね。確かに軽いけど。でも出席停止。
そして高い2回で7000円。症状出てすぐ受診したら無料。毎年悩む。
名無しさん
2016/11/11 17:29
二回で7000円は高い。
というか高すぎる。
うちの近所は高くても2回接種で4000円。
この違いは何?
名無しさん
2016/11/11 17:35
公共団体からの助成金の違いでしょうかね?
名無しさん
2016/11/11 17:35
保険ではないから。クリニックがある程度適当に値段がつけるんでしょ。
副作用の可能性もあるわけだし、面倒と思えば高く設定するんじゃないか?
名無しさん
2016/11/11 18:34
予防接種は病気を治療する行為ではないので保険外、つまり医者の言い値です。
一応、地元の医師会などが推奨する値段設定みたいなのはありますけど。
名無しさん
2016/11/11 18:47
どっかに消えた子宮頸がんワクチンの例もあるしな、
自分で情報集めるしかない。
名無しさん
2016/11/11 14:12
ワクチン賛否いろいろですね。議論はつきません。
みんなが幸せになりますように。