溝端淳平が破裏拳ポリマーにwww今回の実写化は期待できそうwww

広告

溝端淳平さんが「破裏拳(はりけん)ポリマー」の主役を演じると報じられました。

タツノコプロのアニメ「破裏拳ポリマー」を実写化するとのことです。

今までいくつかのタツノコプロ作品が実写化されていますが、正直、評判が良いとは言えませんでした。

しかし今回は特撮シリーズに長年関わってきてアクションの監修もされていた坂本浩一監督が作品を手がけるということで、アニメの実写化に懐疑的なファンにも期待されているようです。

このニュースに関してネット上では様々なコメントが寄せられています。

破裏拳ポリマー

引用元:http://na2ka4.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

溝端淳平 アクション初挑戦!70年代アニメ「破裏拳ポリマー」実写化

70年代に放送されたタツノコプロのアニメ「破裏拳(はりけん)ポリマー」が、俳優溝端淳平(27)の主演で実写映画化される。「破裏拳」と呼ばれる拳法を武器とする肉弾戦型のスーツヒーローが、世界平和を守るために戦うSFアクション作。溝端は本格アクション初挑戦で、ブルース・リーの影響を受けた拳法の使い手を演じた。坂本浩一監督が手掛け、来年5月に公開される。

「破裏拳…」は74~75年にNET(現テレビ朝日)で放送。人気作「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」に続いて製作された。ハードな格闘とコメディータッチのやりとりが特徴の笑えて熱い異色のヒーローアニメで、タツノコプロ創立55周年を記念して実写映画化される。

溝端が演じる主人公・鎧武士(よろい・たけし)は探偵事務所の助手。「ポリメット」と呼ばれる特殊なヘルメットを着用すると真っ赤なスーツのポリマーに変身し、世界平和のために戦う。柔道3段、空手3段の腕前で、奥義の破裏拳はこの2つを融合。回転や遠心力を利用した裏拳で敵を倒す。アニメ放送当時に起こっていたブルース・リーブームの影響を受けており、カンフーの動きを取り入れている。

通常のヒーロー物ではスーツアクターが変身後を演じるが、今作のスーツは顔が見えるため溝端自らアクションに挑戦。スタントマン出身の坂本監督の教えで、撮影4カ月前から空手などの実戦トレーニングを積んだ。撮影では椅子を使った派手な格闘、ワイヤアクションなどに奮闘した。

溝端は「変身後はスーツアクターの方がいると戦隊モノ出身の人たちから聞いていた。話が違うと思った」と笑って首をかしげながら、「バカで自分勝手だけど憎めない、そんな昭和のにおいがする役は演じさせてもらってとても刺激的でした」と振り返った。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000086-spnannex-ent

広告

溝端淳平が破裏拳ポリマーにwww今回の実写化は期待できそうwww

ネットの反応

名無しさん
2016/11/15 08:48
アニメの実写化って、いつも陳腐なものになってしまう。
名無しさん
2016/11/15 08:13
アニメでは所々お色気シーンがあったと思うけど、それも再現お願いします。
名無しさん
2016/11/15 08:47
タツノコ作品の実写化は成功したイメージがない。
名無しさん
2016/11/15 09:22
ヤッターマン、キャシャーン、ガッチャマン…
皆お星さまになったんだよ…。
名無しさん
2016/11/15 09:28
ヤッターマンは悪の3人はビジュアルの印象は良かったけど
演技は見てないから分からん。
アニメってそもそも絵だから荒唐無稽。
実写化はよっぽどじゃないと受け付けない。
安易にやるのがどうもな。
名無しさん
2016/11/15 09:48
俺の中で当たりだったのはドロンジョ様だけだよ。
名無しさん
2016/11/15 08:50
コアな人が居るもんだね。
ポリマーとかテッカマンとか、若い人は・・・というか40台後半以外は全く知らないだろう。
名無しさん
2016/11/15 08:52
必ず「この世代は知らないだろうな」発言は出るんだねww
ドンピシャ世代がここでコメントしてる事が恥ずかしいって思わないんだろうか?
名無しさん
2016/11/15 08:59
私は、車探偵長のファンでした。
2016/11/15 08:55
昔見た印象としては、特に中身のあるストーリーでは無くアクションで見せる作品の感じだった。
逆にこういう単純な見せ物的キャラの方が、演出次第では実写に向いてるかもしれない。
名無しさん
2016/11/15 09:01
監督も多分名前聞かれたことないと思いますが、長い間、スーパー戦隊シリーズに関わってきて、パワーレンジャーシリーズで現地指導も担当されたりした方です。
もともとアクションの監修から監督に転じた方だったと記憶していますので、アクションに特化する画作りなら逆に手堅くまとまると思います。
問題は脚本です。
ガッチャマンの失敗も脚本でしたからね。
名無しさん
2016/11/15 09:33
よく練られた話だったと思うけど?
警察庁長官の息子が、知己の博士が謎の組織から殺されて
でもちゃんと追求してくれない警察官の父親に反発して家出。
そして博士が開発したポリメットで変身してポリマーになり悪を倒すって言う話だった。
でもポリマーとばれたらマズイので普段はだらしない出来ない青年のフリして、探偵社にもぐりこんでるっていうのがおもしろポイント。
その探偵社の貧乏探偵がアホアホだけど時々かっこいい。
助けてる女性がお金持ちの娘でちょっとお色気。
絵はアメコミみたいだったし、面白い作品だよ。
夏休みとかに何度も何度も再放送されて、すごく見た。
名無しさん
2016/11/15 08:08
アニメの実写化ってなかなか当たらないと思いつつも期待してしまうんだよな
名無しさん
2016/11/15 08:19
原作が無国籍風だったので、ハリウッドの方が向いてたかも。
名無しさん
2016/11/15 09:48
地雷監督三池じゃないので少しは期待したい
名無しさん
2016/11/15 08:52
キャシャーン(悪夢のはじまり)
スピードレーサー(マッハGOGO)(ハリウッドで事故った)
ヤッターマン(唯一のマシ)
ガッチャマン(最悪最低の事故物件!)
ハクション大魔王(テレビでもヒドすぎる)
と実写化惨敗続きのタツノコプロだけど坂本浩一監督なら期待できるかも…。
名無しさん
2016/11/15 09:16
剛力さんは何役ですか